THE ELECT HORROR PICTURE SHOW略してエレホピ

2017.11.5 東京キネマ倶楽部

タイテ(タイムテーブル)がでたとき、

14:30開場で15:00開演でトリが21:05からって正直狂気の沙汰だなって思った。

一応途中入場2回までOKでしたが結果、わたしは最初から最後までいました。足は死んだ。

 

the picnics
えんそくのお友達の外国人バンドという体でやっている、という情報しかないまま見ました。

ツナギ?の衣装で外国のロックバンドあるあるを全身に纏って登場。外国のロックバンドのライブみたことないけど。
ボーカルが13日の金曜日的なメイクで白塗りの顔の周りに黒ガムテープ?を貼っていて、MCは全部怪しい英語とカタコト。初見は情報処理が追いつかない。


ボーカルがステージでえんぴつ拾ってスタッフに怒るという寸劇ののち、「でぃすいずあえんぴつ!」という中学生英語を叫びながら左右の人と手を繋いで横移動ジャンプした。
たぶんだけどわたしの左右のひともピクニックよく知らなかった気配なんですがちゃんと順応して一緒に横移動しました。バンギャのこういう順応性の高さが大好き。
。後で調べたら元ネタはえんそくの曲なんですね。
楽しくなってきて「はははははwwwははははははははwwwwww」て笑いが止まらなくなる。
なんの曲かわかりませんが肘を振り上げる曲があって、「エルボー!エルボー!」って煽られて頭振ってる時のお客さん、みんな可愛い恰好してんのにめちゃめちゃ戦闘力高そう。途中でボーカルの内側から悪魔人格が出てくる茶番劇があり、B級ホラーコメディを見せられた気分です(褒めてます)
最後メンバーがステージでB級ホラー映画の犯人が持ってそうなアイテムを振り回して遊んでて楽しそうでした。遅刻してきたハロウィンか。

ボーカルのデーブさんがめちゃめちゃ汗だくで、汗がぼたぼた落ちるのが目視できました。白塗りは汗が拭けないからね・・・

 

ここまでですでに30分は押してました。

っていうか開場が押したし開演も押した。

16時前だというのに終電の心配がでてくるよ・・・。


最鋭輝
えっ2017年?って再確認するくらい10年ぶりのモッキーはモッキーでした。
紙テープも飛ぶしメルシィ小町も選ばれる。でも投げキッスはなかった。
モッキー髪型リーゼントにしたのね!
4月に病気して出れなかったぶん普段やらない曲とかやって挽回します!と。
アモーレとか知ってる曲やってくれて嬉しかったなー。いつまでもモッキーでいて欲しい。変わらず続けることって実は難しいよね。

あと顔が白いひとばっかりの中、この方は白塗りじゃありませんでした。

そして開場開演と押しまくっていたのがここで少し巻き返した、モッキー出来る男!


ピノキヲ

この方の顔は白塗りです。
おにいたまが登場してピノキヲでしたー!つってハケていった、と思ったら二階のサブステから再登場。
市松模様のごっつい靴で恐々降りてくるおにいたま。
サブステ使いたいがためにワイヤレスマイク(はちまんえん)を購入したそうです。

「今日のメンツすごくない!?何がすごいって、これだけ懐かしい顔ぶれで、でも同窓会じゃなく、みんな活休やメンバー交代はあってもずっと第一線で続けているんだよ!?」

「ぶっちゃけ今日、久々にライブハウスきたってひといるでしょ!?」

ピノキヲは18年目一発目のライブです。10代の人いる?僕が7年くらいで売れないしやーめたってしてたら、今日君とは出会えなかった!」
18年目のピノキヲ、今日のメンツが嬉しくてしょーがないのか喋る喋る。
「30代40代のひとー!?」そこを挙手させるな!デリケートな話題だから!!
メインストリーム?メインストリート?じゃないけど売れてはないけど面白いことやってるから、今日ここにきたら人たちは見る目があるぜ!!!って
なんか今日おにいたま暑苦しいね!?
「だから狂暴で盛り上がって!」

やさしさ!!!!!

おにいたまザ・シンナーズの青いリストバンドしてた。仲良しなんだねって思った。

 

おにいたまが「もっと褒めて!!!」て言うから「えらーい!」ってお客さんが返したら

「なんかでちゃう♡」ってキモオタらしいやりとりもありました。

あと18年間を共に戦っているドリキャスについて熱くしゃべる。
嬉しいからなのかワイヤレスマイク効果なのかなんなのか今日のおにいたまめちゃめちゃ輝いてたな…

あと階段は三往復くらいしてました。ワイヤレス活用しすぎ。

最初は恐々降りてきてたのに最後は二段飛ばして登っていったよ。

 

ここからは初見の方が続くので下がってみました、正直足が限界でな・・・

picnicsではしゃぎすぎ、体力の配分を完全にミスった。

 

曖昧中毒

顔が白塗りです。

こちらもながーくやってらっしゃるのに初見でした(普段は駄菓子菓子をやってるそうです)

ベースが三人という構成すごい。

曲が何一つわからなかったのですが、最後に演奏した曲が好きだったので

次はちゃんと予習してから見ます。

MCを全員一斉にしゃべる茶番とかいれてきて楽しかった。

 

ストロベリーソングオーケストラ

顔が白塗りとそうじゃない人がいました。

こちらも初見でした人数が!多い!!!

キネマ倶楽部のステージってけっこう広いんですがそれでもみっしりしとる。

ちゃんとみれていたらとても楽しかったであろう・・・と

体力の衰えを悲しみました、正直ちょっと意識が飛んだ。

 

コスモ式

顔が白くない。

二階のサブステ(おにいたまがはしゃぎまわったところ)から

優雅に降りてくるお二人。

MCで「Mステっぽく降りてきた」て言ってましたが

サポートの太三さんに手を取られエスコートされて降りてくる様はMステというか

昨今は見ない派手な結婚式のようでした。

 

大日本意識革命軍狂暴

じわじわと前方に移動。コスモ式で抜けた方のあとに入れてもらえました。

いやマジで、アメリカの大統領が来日してるこのタイミングでこの方々のライブって、

世が世なら客まで全員逮捕されてるんじゃないかって思いました。

お久しぶりの!大日本意識革命軍狂暴!!!

出演がTwitterで告知された時はあらぶりました。

けまりさんだけ顔が白い。白い?あれ?白かったっけ?太平洋ベルトでばっかみてるからわからん・・・(白塗りじゃないメイクのやり方がわからなくなっていたらしい)

時間が押しているからメンバーコールを短くしたいのに上手くいかなくて

結果どんどん長くなっていきました。

客席からの「フゥ~~~~↑」に銀様が

「フゥ~~~~~~↑嫌いです!!!」ってスッパーン切ってて、

「返事ははい!やろ」というお言葉に

「はい!!!!」って返す客席えらい。

でも忘れて「フゥ~~~~~↑」って言っちゃって

「だから!フゥ~~~~~~↑嫌いです!!!!」って怒られる客席。

そしてどんどん長引く。

そうこうしてるうちにベースのナットがぶっ壊れるというアクシデントが!!

 

けまりさん「さっきベース三本も持ってるバンドいたよね」

!!!!曖昧中毒さん!!!!!

次の曲でほんとに貸してくれてました、助け合い。

けまりさんがイントロのギターを練習し始めて、銀様に「次の曲わかっちゃっただろ!!訓練が足らん!!!!」って怒られてた。

けまりさん「訓練したんだけど、間違えると楽屋でめらにバカにされるから・・・」

銀様「ぎゃはははは!けまり間違えよったわ~~~~wwww」(タバコ吸う振り)

この物まねたぶんすげー特徴捕らえてるんだろうな・・・と思いました。

 

「空」が聞けて本当にうれしかったのですが同時に、作曲した鳶丸さんのことを思い出して心がきゅーーーーーーってなった。

この日は転換中もグルグル映畫館の曲がいっぱい流れてた。

 

犬神サアカス團

はい顔は白塗りです!!

犬神みるのもめちゃめちゃ久しぶりで、でもみんな長く変わらずやってる人たちばかりだから

犬神も変わってないんだろーなーってわくわくしながら待ってたら、

 

黒フリルのミニスカートに網タイツという犬神明さんが登場して、

お、お変わりありますねーーーーーーー!?!?!?って衝撃を受けた。

つけまつげもカラフルになっていた。どうした。何があった。

 

新アルバム「新宿ゴーゴー」から三曲やって、ツアーの告知など。

 

きょんぴ「今回のアルバムは、身体が自然に揺れちゃうような・・・こんな感じ(実演)これね、福助。くんに教えてもらったの!クラブにいるおしゃれなひとの動き!」

「犬神の今度のツアーは、みんなちょっと露出が多い、グルーピーみないな服装で来てほしいの。グルーピーでわかったひとは年齢が高めね」(おにいたまに続く客の年齢弄り)

寺子屋さんのイベントは楽屋にケータリングがあるの、そこでね、はじめてカルパスを食べたの、もうすっごい美味しくて!みんなカルパス知ってる?飴みたいになってて・・・おやつ?」

ジョニさん「おつまみじゃない?みんな知ってると思うよ」

きょんぴ「なんだー!これはいいことを教えてあげよう!と思ったのに!」

 

うん、相変わらずの犬神さんだ・・・余計に明さんの下半分ほんとなにがあってん・・・

押していたせいか男性陣のおしゃべりがあんまりなかったのが寂しい。

ルーピーみたいな服装に関してジョニさんのお話聞きたかった。

「花嫁」と「最後のアイドル」という個人的ドストライクをきけて嬉しかった。

INUGAMIの振りがいまだにスッと出てきて、そんな自分に呆れ笑いました。

 

ザ・シンナーズ

わたし今日このためにきたの!!!!!

と気合と疲労と不安と疲労入り混じりながら待っていたら、

幕の隙間から脚立が見えて、周りのお客さんも一斉にテンションが上がった。

脚立めっちゃでかい。

幕があがって脚立がみえても雄大の顔みえないくらいでかい。

 

顔が白くない!!!!!!

 

(今までのバンドさんを顔が白いか白くないかを書いていたいたのは、わたしは今日雄大の顔が何色なのかでめちゃめちゃ不安定になっていたからです)

ペールオレンジ雄大!!!

髪は半分青い!

衣装はシンナーズのTシャツにライダース。

わたし全体的に雄大の身体のバランスが好きなんだな・・・って

脚立に仁王立ちする雄大をみて思いました。

ハゲ様は、シンナーズでは「いくぞうさん」なのかな?

ギターの沼倉真ちゃんみるのもグルグル映畫館ぶりでしたが

「あんた、あの娘のなんなのさ?」って言いだしそうなゴツさでした。

新人バンドだと楽屋でめちゃめちゃいじめられたそうです特に犬神情次さんにいじめられたそうです。

曲も初出しでお客さんも雄大も手探りな感じ。

「三か月引きこもってたからしゃべりたいことがいっぱいあるの!!」

と言いながらすべての話が中途半端に終わる雄大。

真ちゃんに「おもちゃ見せてもいい?」って確認して、青い車のおもちゃ持ってサブステに登っていったんですが

二階は客席からは全く見えず、関係者席にいるおにいたまが爆笑している姿が見えました…雄大は自由だなぁ…

ドラムの石丸さんが元スネイルランプでオリコン一位をとったことをめちゃくちゃ弄る雄大。

ドラムの石丸さんがポテトフライが大好きって話を何度もする雄大。

ドラムの石丸さんは女の子の黄色い声をあまり浴びてこなかったそうで

雄大が「マルさんって呼んであげて」って言ったらお客さんは素直に

「マルさーーーーん♡」って呼んであげて、今日死んでもいいっていうほど喜んでいました。

途中でタオルで汗を拭く雄大が、「汗が拭けるって素晴らしいね!」って感動していた。

picnicsの方、汗ぼたぼただったしね…

いくぞうさんはすっぴんに髪を鋭利に立てていた。

汗でTシャツに赤い染料がついていた。

夜な夜なバイト終わってからライダースに鋲を売っていたそうです。

最後にシンナーズ初ワンマンの告知が二階から降ってきました。

2018.2.24 新宿ロフト

 

 

キボウ屋本舗

シンナーズのチェキに並んでいたら始まってしまいました!!!

そしてチェキは買えませんでした!!!!!完売!!!!!

後ろのほうまで降りをしているひとがいっぱいで盛り上がってて、

10年ぶりかもしれないけどメンバーは別バンドをずっとやっている方々で、

第一線にいることには変わらないのですが、

お客さんが盛り上がってるのを見て、ライブハウスに久しぶりに見に来たひともいるんだろうなと思いました。みんな楽しそうだった!

 

アンコールなしで会場の撤収が始まったのですがそりゃそうだ22時近いよ!

人によっては夜行バスにも間に合わないよ!!!すごい!長丁場!

日帰り諦めてよかった!!!と、東京駅でコンビニおにぎりかじりながら思いました。

セッションとか・・・みたかったけどさぁ・・・時間が時間だしね・・・

 

夜行バスで思い出を反芻しながら眠り、明け方に寒いなか現実に帰ってきました。

首の筋肉痛がやばいです。

 

ベッド・イン メジャーインストアライブ

CO・CO・RO グラデーション

CO・CO・RO グラデーション

  • ベッド・イン
  • J-Pop
  • ¥250

9月17日、HMV栄ベッド・イン「COCOROグラデーション」発射オーライ❤︎インストアイベント。

ベッド・インのおギグはサカエスプリングでロストヴァージンしたのでセカンドロストヴァージンです。

HMV栄店の隅にあるイベントスペース、下手あたりに黒いカーテンがあったので
「ははーん、あそこがご開帳❤︎してベッドインの2人が出てくるんだな?」と思ってたんです。
なので、スタッフさんが「それではベッドインです!」って言った時、めっちゃカーテンをみてたんですね。
違った。
まあまあ遠くから「それそれ〜❤︎」って声がして、CD棚の上の方にチラッチラッとジュリ扇がみえて、お二人が徒歩でご登場。
「まあまあ遠い!!!」って声出た。

COCOROグラデーションの紫とピンクの衣装のジャケットなしバージョン。
ボディコン感増し増しです。


普通にお買い物してるお客さんもいたからか、ちゃんまいのスイートセクシーボイスで、ベッドインは「C.C.ガールズさんたちバブル時代のエロくてケバくてハクくてマブいアイドルに憧れて、日本に再びバブルの嵐を巻き起こすべく一念勃起❤︎して結成」した地下セクシーアイドルだという説明がありました。
お買い物してるお子さん連れのパパがいたらしく、ちゃんまいが「すけべなおねえさんだよー❤︎」って声をかけたらお子さんが泣き出すハプニングが(笑)
クレヨンしんちゃんに出てくるおねえさんと一緒だよ!」ってフォローしてて、クレヨンしんちゃんinベッドインの絵面が想像できすぎて笑ってしまった。映画で本人声優で出てくるタイプのやつだ。
余談ですが10数年前仙台マカナ近くでみた「濡れよんチンちゃん」っていう風俗の看板が忘れられない。クレしんの話すると必ず思い出す。

かおりさんから次の名古屋公演の告知。
かおりさん「セカンドアルバムが…」
ちゃんまい「違うよ!?」
かおりさん「あっ、ビレッジマンズストアさんとのねるとんパーティだ!メンゴメンゴ〜❤︎」
告知の内容間違えてるかおりさん、キュート。
尚サカエスプリングのときもワンマン◯の日付を間違えていた、とんだギャップ萌えの持ち主。

あと今日はちゃんまいの下半身が「キッッッッ……………ッキツ!!!!」ってタメが長くて、タメてる間にお客さんが笑い出してた。

ミニライブはCOCOROグラデーションとB面のバカみたいの二曲。
ライブになるとお二人がアイドルからロックねーちゃんにメタモルフォーゼするの最高です。
かおりさんが率先して拳あげてくれるので初心者に優しい。

ミニライブ後にスリーショットチェキ会なので「一旦中折れタイムです〜❤︎」ってまたまあまあの距離を徒歩で去って行かれた。
ギターのネックを天井にぶつけたちゃんまいが「カリ首くん大丈夫!?」ってネックを撫でていて、瞬発力の高さよ。

12センチCD(DVD付き)を買うとスリーショットチェキ会、8センチCD(この形態みたのゴールデンボンバー以来です)で買うとサイン色紙お渡し会。
わたしはチェキ会に参加。

チェキ会もHMV栄店の隅にあるイベントスペースでやるんですよ。
隅なの。ここがね、重要だった。
荷物を預けて1人ずつ登壇して、お二人に挟まれてチェキを撮るスタイル。
わたしは当日にCD買ったので整理番号後ろのほうだったんで、前の方を見ていたんです。

登壇する、チェキを撮る、で終了だと思うじゃないですか。
なんかね、お二人のね、プリケツがこっち向いてんの。
チェキ撮った後、お二人が、お客さんを隅に追い込むようにしてお話ししてくださる。

あのね、隅なの。角なの。
逃げ場なし!!!!!

あれ正気でいられるのか???って不安になった。
不安になったけど泣いちゃったお子さんを全力で笑顔にしようとしてるかおりさんちゃんまいが面白すぎて爆笑してしまった。
そして爆笑を引きずったまま登壇。
びっくりしたんだけどさー、
差し入れを手渡しできるの。プレボとかじゃなくて!?
そんでスリーショットは両側から腕を組んでくれんの。気持ちは捕らえられた宇宙人。
チェキ撮ったあと、すかさず隅に追い込まれる宇宙人。
上手いこと言葉がでない宇宙人。
だって圧が!圧がすごい!さすがの膣圧!!
パニックになって何を口走ったか記憶にない!!
かおりさんの美肌とちゃんまいの谷間しか覚えてない!!!肘に!当たっている!おっぱいの感触が!記憶にない!記憶にないけどチェキには写っている!!!何故!!!!思い出してわたし!!!!

CD一枚でこんな体験してしまったら、CD複数買いしてセルフ動く歩道でどんどん流れていくスタイルの握手会のこと考えると価格破壊もいいとこですよ地下アイドルみんなこうなの…?
そりゃあ、そりゃあハマるよ…!!!
わたしの財布に氷河期が来る!!!!

ベッド・インはこれからどんどん上昇気流にのってデッカくなるんだと思う、その、駆け上っていく姿をみていたいタイプのひと!!今!ベッドイン!おすすめです!!!


睦月LOVERS☆真冬祭ー本祭ー

1月28日渋谷DESEO。

ARTPOP主催のカバーイベント?コピーバンドイベント?です。

当日の16時からずっっとこの会場でイベントやってるから

若干出演者とお客さんの体調が心配。

時間通り23時30分開場。

物販は出演が終わった順にチェキを販売する模様。

開演は10分くらい押し。

 

1・【とりんご】

TЯicKYさんによる椎名林檎のカバーです。

ステージの幕が降りるとそこにはナースコスプレのTЯicKYさん。

わあ・・・(微苦笑)みたいな空気になるお客さん。

 

TЯicKY「出オチだよね」

 

とっても!お似合い!です!!!

全体的に「ヴィレッジヴァンガードにいそう」な雰囲気を意識しているとのこと。

 

TЯicKY「おるよねこういう子!前髪ぱっつんで西尾維新丸尾末広が大好きですサブカル大好き!みたいな」

 

ミニスカートのナース服なので楽屋で座っていたら真向かいにいたYURAサマからLINEがきて、パンツがみえている写メが送られてきた。

真正面にいるYURAサマ(真顔)から。何も言わずに写メだけが。

 

TЯicKY「気を付けます」

気を付けてください

 

セトリ

歌舞伎町の女王

幸福論

丸の内サディスティック

 

『歌舞伎町の女王』の感想で口笛を完コピしていましたが、何故か

笑いが起きる。

 

TЯicKY「なんでみんな笑うん!?上手でしょ!?」

 

お上手でしたよ!上手なんだけど・・・なんで笑っちゃったんだろう・・・深夜だったから笑いの沸点低くて・・・

 

TЯicKYさんは椎名林檎が大好き。

愛とリスペクトをこめてカバーしている!と熱弁。

 

TЯicKY「三枚目のアルバムが本当に好きで。タイトル思い出せない、けど大好き!勝訴ストリップの次のやつ」

 

あーあれ・・・って空気になるも、誰も教えてあげないお客さん。

加爾基 精液 栗ノ花」というタイトルを大声で教えてあげるのはちょっと恥じらいがあったのでしょうか・・・ピュアだなお客さん・・・愛おしいな・・・

 

当時230万枚売っていた椎名林檎さん、ライブは瞬殺でとてもチケットが手に入らなかった。

でもアルバム特典で九段会館でのイベントをあてて、

そこにご本人が登場したことがある!

事変とかも見に行ってるけど抽選でタダでみれた!

と、熱く語ってくれました。

あと今日は夕方からイベントやってて12時間以上メイクしているから

乾燥肌にはつらいという話。

 

2・【ダッコブクロ

10年ぶりくらいにみるDaccoがカバー。

精一杯寄せてきたそうなんですがそもそもコブクロさんにそこまで特徴ある!?

Lidaさんが顔芸で頑張って寄せてました。

YURAサマはサングラスと、なんか台に乗って大きくなってました。

本当は福助君が一番コブクロにあうと言ってました身長的な意味で。

インカムマイクなのでいつ踊りだすのかと思ってみてましたが最後まで踊りませんでした。

 

セトリ・・・いろんな曲をちょっとずついっぱいやったので記憶が・・・

 

永遠にともに

 

桜の歌詞は最後が「咲く love」となっているので

YURA様が

 

ヾ(*´∀`*)ノ咲

からの

手でハート♡

 

「咲く love」というのを考案しました。

めっちゃ決まってました。

そしてそれをお客さんに刷り込んで刷り込んで最終的にはお客さんも思わず

ヾ(*´∀`*)ノ咲→♡

という流れに。

何言ってんだ?って感じですがほらあの、深夜だから

 

この咲くloveの振りは聞かせる系のどんな曲にもあう!と

「さよなら大好きなひと」

「蕾」でも最後をヾ(*´∀`*)ノ→♡

で〆る。

 

最後に「ダッコ ブクロだから」という理由で

Dacco「コイガオカ」で終了。 

 

【3・BODYMETAL】

むちゃくちゃアガったんでテンション高くいきます。

 

立ち位置は下手団長センター凶子ちゃん上手夜桜星丸さん。

圧がすごい。

声に出てしまったくらい、圧がすごいの。

なんてったってボディーがメタル、DESEOのステージがみっしりしてた。

演奏はNogodのみなさんが白塗りで。

なんかもう演奏がやたらハイクオリティ。

あと団長以外の白塗りが新鮮。

逆に団長と凶子ちゃんが白くない。希少。

 

セトリ

KARATE

ギミチョコ

イジメ、ダメ、ゼッタイ

 

凶子ちゃんの歌声はもちろん団長と夜桜星丸さんのダンスがすごかった。

よく覚えてきたなー。

「KARATE」のあとに上手からメンバー紹介。

 

夜桜星丸さん「セクシー担当星メタルです!」

団長「愛嬌担当ブスメタルです!」

 

ブスメタル(笑)

普段白く塗ってる団長が肌色メイクにツインテールのヅラ(赤いリボンつき)だったもので、

楽屋では「いるよねこういうブスなバンギャ!」と大盛り上がりだったそうです。

酔っぱらっていた雄大さんに至っては「抱ける」発言だったそうですが

それは褒めてるのか?逆に貶してるのか?

凶子ちゃんは「犬メタル」。

普段白塗りなのに、今日は肌色メイク。

 

団長「後ろの神無しバンド(Nogodの楽器隊のみなさん)が白塗りでパワーアップしてるけど、普段白塗りの二人が肌色でパワーダウンしてる」

凶「あのね、みんな犬神凶子ってひと知ってる?いつも赤い口紅してる・・・でも本当は、すっごい口ちっちゃいの!だから恥ずかしい!!!」

 

かわいい

声に出てしまうくらいかわいい

歌ってるときあんな堂々としてるのに急に恥ずかしくなってる凶子ちゃんまじかわいい

お客さんからかわいいかわいい言われてますます恥じらってる凶子ちゃんまじかわいい

 

セクシー担当夜桜星丸さんはTバックを披露していました。

あのねー、上手下手のお二人は本業がバンドのセンターなので、

煽りが雄々しいんですよ。

でもツインテールに赤いひらひらスカート。そんでボディーがメタル。

 

圧がすごい(二回目)

 

団長「ワタシ昭和58年生まれだから授業でダンスとかやったことないのよ!」

星丸「歳の話はやめようよ」

キャラ設定が迷子で終始女言葉だった団長と星丸さん。

このとき日付変わって29日だったんですが、

なんと星丸さんは本日お誕生日。

ケーキが登場して、みんなでハッピーバースディを歌いました。ディア星メタルで。

星「誕生日最初の仕事が女装!」

おめでとうございます!楽しげな一年になりそうですね!!!!!

 

「ギミチョコ」、凶子ちゃんの歌声にあっててすっごい楽しかったー。

イントロ鳴った瞬間反射で頭を振ったんですが

わたしも丑三つ時にヘドバンしたの初めてだったし

正直団長より年上なのでキッツかったです。頭くらくらした。

 

団長「ベビメタちゃん何度かお仕事したことあるけど、あの子たちすごいことしてたのね・・・」

ダンスも高音の歌もおじさんおばさんには厳しいという話。

いやでも曲終わりに息切れしてんの面白いです(笑)

 

物販でチェキを売る告知。

団長「リハで20時間くらいスタジオ入ってるから元を取りたいの!」

(チェキは完売していました)

せっかくの完成度だしまた見たいんですが、団長が

「こいつら(演奏覚えた神無しバンドのみなさん)も大変なのよ!

コピーバンドのほうがNogodより人気でるのもういやなの!!」

えっくすすぎなみのことかな・・・

 

最後「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のとき、

片膝ついてスタンバイするんですが団長が

「膝がパキッて言った」

って呟いたのすごい面白かったです。

怖いもの見たさのひとは呼吸を整えてから犬神凶子ちゃんのTwitterをご覧ください。

 

 

【4・セク安全地帯】

わたしにとってのメインなんですが

いかんせん安全地帯のコピー、ゆったり大人な感じでした。

 

セトリ

ワインレッドの心

真夜中すぎの恋

熱視線

 

幕が降りたら雄大さんの隣に青田典子のポスターがいた。

なんでや!と思ってたら、どうやら後ろにカンペが貼ってあった模様。

雄大さん白スーツに黒シャツほぼすっぴん、透さん白スーツに赤シャツいつものメイク、

ハゲさまは・・・・なにあれ????

と思っていたら答えは「ムッシュかまやつ」。

曰く、「玉置浩二を画像検索したらなぜか一枚だけムッシュかまやつが混ざってたから」

 雄大「すごいよね、どすっぴんがかまやつって」

透さんも一生懸命玉置浩二に寄せようとしたらしいんですが、

玉置さんは髪型が独特だし透さんは金髪だしで研ナオコにしかならなかったそうです・・・。

 

唐突に「ムッシュむらむら!!」と叫ぶハゲさま、

「深夜だからみんな笑ってくれるけど全然面白くないからね」と

冷静かつ辛辣なリーダー加藤透。好き。

この後も雄大がハゲ様が滑るたびに「深夜っていいよね・・・」とフォローをいれるリーダー加藤透。好き。

 雄大が「青田、俺の事好き?じゃあキス」って青田典子のポスターにキスする場面が四回くらいあったんですがこの人酔ってんのか?あっ酔ってんな・・・てなりました。

 

でも歌が超超かっこいいの。

段ボール製のギター持って歌ってるけどかっこいいの。

青田の後ろのカンペみてるのに歌詞間違いまくりだったけどかっこいいの。

 

かっこいいから許すしかない。

 

ずーっと玉置浩二調の静かなトーンでやってきたせいか、最後のほうで

雄大「あー大きい声出してぇ~行けるか渋谷ぁぁぁぁ

客「いええええーーーい!」

雄大「ほんとに?安全地帯だよ?」

 

突き放すんかい!!!

そりゃないぜイケメン・・・

いやでもかっこいいから(以下略)

久々に見ましたが相変わらず雄大の手の綺麗さと色気は異常でした。

雄大の手だけが写ってるチェキ欲しい(需要が局所すぎ)




 【5・おにい(たま)】

チェキ並んだらあんまり見れなかった(汗)

「さよなら人類」しか知らないんですけど、

完成度が異常でした。

うゆにいたまは肌色だしオリジナルたまをよく知らないから衣装とかも全然わかりませんでしたがうゆにいたまが楽しそうでなによりです。

でもねぇ、深夜の三時とかに「たま」はね、

 

めっちゃ眠くなります。


「お客さんのことを考えなさい!」っていわれるうゆにいたま(肌色)




【6・狂った対応】

あのーこのレポは主にMCを思い出して書いてるんですが、この人たち

一切MCなしでノンストップで演奏して颯爽と掃けていったので

何も書くことがなく・・・

 

ただただvo櫻井マコトのなりきってるオーラを全身に浴びているうちに終了しました。



 

完徹はきついのでここで退場。

おつかれさまでした。